トロントで出会った英単語を調べました。

2007年夫の転勤でカナダへ引っ越し。2015年トロント大学で2つ目の修士号取得。2016年アナログIC設計者で再就職。トロントの様子がわかり、英単語の勉強にもなるブログが目標です。

2014年9月以前のブログはこちらです。

ネックレスにゴミがついていると思って問い合わせました。

先日、息子の高校卒業&大学進学記念に、以前から気になっていたエルメスのネックレスを自分へのご褒美(!)に購入しました(息子へのお祝いは後で考える予定です)。実際の卒業は来週、入学は8月ですが、お店の在庫は1個だけと知り、まあいいかなと購入。初めてのエルメスのアクセサリーで嬉しくて家に帰ってからじっくり眺めていたら、気になることを発見。最初はネックレスにゴミがついていると思って問い合わせました。

上の写真では分かりにくいかと思いますが、右側に見える2点です。写真はかなり拡大しています。

奥から出してもらった品物にゴミが付いているものだろうかと疑問に思い、担当の方に聞く前に夫も一緒に写真をじっくり見てもらったら、どうもイニシャルと記号のような感じだとわかりました。

そこで、

「何かの記号のようですが何ですか?」

と写真付きで質問したら、

"It's the special engraving for the metal!"

とのお返事。

イエローゴールド、ローズゴールド、銀と、金属の種類に合わせてそれぞれ刻印するそうです。

そして、もう一つは製造年のようです。どちらもとても小さいので、よくこんな細かい刻印が出来るものだと感心しました。

そんなことも知らず、ゴミでもついているのかと最初は付属の布で一生懸命擦っていたのですが、無理をしなくてよかったです。これはゴミですか、などと聞かなくてよかったです。

ちなみに、購入したものは「Rose gold 750/1000」とあり、これは「18Kローズゴールド」のことで、75%が純金で残り25%が他の金属(銅または銀)だということだそうです。ChatGPTに教えてもらいました。 

そして、初めて知ったのですが、75%が純金の物を18金(18K、K18)というそうで、それは24分率を使っているからだそうです。

確かに、

18÷24=0.75

なので納得。1000分率か24分率かという物差しの違いだったのかと勉強になりました。

アクセサリーを着けるのはあまり好きではなく、結婚指輪はやめて腕時計にしてもらったくらいなのですが、

 

eitango.hatenablog.com

 

これはとても気に入っていて、大事に出来るだけ沢山使っていきたいと思います。

[調べた英単語]

engraving → 彫刻、刻印

yellow gold → イエローゴールド、金に銀・銅を加えた合金

rose gold → ローズゴールド、金に銅のみ、または銅と少量の銀を加えた合金

にほんブログ村のランキングに参加しています。下の"ブログ村"をクリックしていただくと、ランキングの集計数が上がり励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ