読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トロントで出会った英単語を調べました。

夫の転勤で2007年カナダへ引っ越し。トロント大学で2つ目の修士号(電子工学)を取得し、今年再就職。半導体の回路設計者。トロントの様子がわかり、英単語の勉強にもなるブログが目標です。

2014年9月以前のブログはこちらです。

アメリカ総領事館へパスポートの更新に行きました。

トロント生活

息子はアメリカ生まれなのでアメリカ国籍もあり、パスポートもあります。5年ぶりに、トロントにあるアメリカ総領事館へパスポートの更新に行きました。

ameblo.jp

まずは総領事館のウェブサイトで予約を取り、書類を揃え、当日は夫と息子と私の3人で行きました。

前回の記事にも書いていますが、携帯電話を含む全ての電子機器が持ちこめないので、総領事館近くの駐車場に停めた車の中に置いて出かけました。お財布と必要書類くらいしか携帯しておらず、これで準備万端かと思いきや、入口の検査で夫が引っかかりました。家の鍵がついたキーフォルダーに、USBメモリが一つぶら下がっていたためです。

警備の方に聞いてみると、入口で預かってもらうことはできないとのこと。ここで一旦車まで置きに行くと予約時間に遅れてしまうので、夫は総領事館前の生垣の根元にそのUSBメモリを置き、再度検査を受けて入館することができました。

入口での検査は、飛行機に乗る時よりもやや厳しめといった感じで、金属探知機のゲートも通りますし、持ち物はX線検査をされます。こんな物々しい様子を見て、息子は少し驚いていました。

無事に入館した後は、係の方も親切で明るい方で、すべて順調に進みました。その審査官の人は手続きをしながら息子に色々話しかけていたのですが、「本当にこの人たちは君の両親なの?」とか、「君の名前は本当にこの名前なの?」とか、冗談交じりながらも何も間違いがないか確認しているようでした。

そして、約1週間後に、新しいパスポートが郵送されてきました。ただ、ちょっと心配したのは、更新書類とともに提出した追跡番号付き封筒で送られてきたのは、冊子のパスポートだけだったことです。同時にパスポートカードも更新していたので、もしや忘れられたのではと思っていたら、数日後に普通郵便で届きました。

別々に送付された理由は、リスク分散なのかただの手違いなのかわかりませんが、とにかく無事に更新できて一安心です。

[調べた英単語]
strict → 物々しい
consulate general → 総領事館

にほんブログ村"のランキングに参加しています。下の"カナダ情報"をクリックしていただくと、ランキングの集計数が上がり励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ