読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トロントで出会った英単語を調べました。

2007年夫の転勤でカナダへ引っ越し。2015年トロント大学で2つ目の修士号取得。2016年アナログIC設計者で再就職。トロントの様子がわかり、英単語の勉強にもなるブログが目標です。

2014年9月以前のブログはこちらです。

壁に穴を開けて室外へ排気できる換気扇に取り替えました。

自分たちの家を購入以来いつか実行したいと思っていた改装の1つです。壁に穴を開けて室外へ排気できる換気扇に取り替えました。

f:id:eitango:20160616084248j:plain

上の写真は作業中のものです。古い家なのでレンガの壁が最近の家より厚かったそうで、かなり大変だと業者の方に言われました。絶対これは日曜大工ではできなかったと思います。

下の写真が古い換気扇ですが、真ん中に見える排気口から室内に排気する循環型フードでした。

f:id:eitango:20160616084330j:plain

一応内部でフィルターを通るのですが、匂いが消えている気配もなく、ベーコンをフライパンで焼くだけで煙探知機の警報がなってしまうくらいの実力でした。日本だと屋外排気型が多いと思うのですが、北米ではこちらのタイプをよく見かけます。以前父の転勤で住んでいたオーストラリアのマンションの換気扇も、この循環型でした。

今住んでいる家は部屋が1つ台所の横に増築されたため、元々は台所に2つあった窓が1つになっており、煙の出る料理をする度に何とかならないかなあと思っていました。

引っ越して6年目にしてついに取り付けてくれる業者さんを探し、新しいレンジフードを買い、取り替え工事をお願いしたというわけです。

f:id:eitango:20160616084339j:plain

上が新しい換気扇です。以前のより少し薄型で、排気力が強力なBOSH(ボッシュ)製にしました。上の戸棚の収納範囲が狭くなってしまいましたが、とても満足しています。

ちなみに、取り付け作業代は税抜き約650カナダドルでした。見積もりをしてもらった結果が予想より高かったので、取り付けるだけでこんなにかかるなら取り付ける製品もそれに見合う製品にしたほうがいいのではと思ってしまい、レンジフード自体も当初の予定より高い製品を購入しました。

こだわったのは換気量で、新しい換気扇は400CFMです。今までのが200CFM以下だったので2倍以上。これでサーモン・ソテーも気兼ねなく料理できるかと思うと、合計約10万円もかかりましたが、交換してよかったと思います。

[調べた英単語]
cubic foot per minute (CFM) → 立方フィート毎分(流量の単位)
range hood → レンジフード

にほんブログ村"のランキングに参加しています。下の"カナダ情報"をクリックしていただくと、ランキングの集計数が上がり励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ