読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トロントで出会った英単語を調べました。

2007年夫の転勤でカナダへ引っ越し。2015年トロント大学で2つ目の修士号取得。2016年アナログIC設計者で再就職。トロントの様子がわかり、英単語の勉強にもなるブログが目標です。

2014年9月以前のブログはこちらです。

カナダの代表的な服屋さん"Roots"です。

ついに息子もカナダっ子になってきました。今回息子のズボンを買ったお店は、カナダの代表的な服屋さん"Roots(ルーツ)"です。

f:id:eitango:20160515120143j:plain

息子はこれが初めてですが、娘曰く、学校での子供達のルーツ率は高めなんだとか。

eitango.hatenablog.com

大人でも子供でも、ここの服(特にスウェット素材もの)を着ている人は街でもよく見かけます。「すごくあったかいしオススメだよ。」というお姉ちゃんからの助言に押され、一応本人も一緒になって選びました。

息子は水色が好きなのですが、ルーツでは"SALT & PEPPER"と呼ばれている"霜降りの灰色"が代表的なルーツカラーなので、娘と私で説得してこれに落ち着きました。あまり買うときは乗り気ではなかったのですが、実際穿き始めると着心地がいいらしく、かなりの頻度で穿いてます。

ちなみに、Rootsの価格帯はGAPより少し高めです。デザインは素朴な感じのものが多く、"CANADA"の文字が入っている商品が多いのでお土産によさそうかなとも一時思ったのですが、日本での知名度がないためか反応はそれほどでもないなという感じでした。カナダに住んでいたことのある人になら、懐かしくて喜ばれるのかなと思います。

子供達を見ていたら、私も自分の分も欲しくなってきました。

[調べた英単語]

marbled → 霜降りの
sweatpants → スウェットパンス

にほんブログ村"のランキングに参加しています。下の"カナダ情報"をクリックしていただくと、ランキングの集計数が上がり励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ