読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トロントで出会った英単語を調べました。

夫の転勤で2007年カナダへ引っ越し。トロント大学で2つ目の修士号(電子工学)を取得し、今年再就職。半導体の回路設計者。トロントの様子がわかり、英単語の勉強にもなるブログが目標です。

2014年9月以前のブログはこちらです。

トロントに戻った翌日からフル稼働しています。

子供の学校 トロント生活

家族全員トロントに戻った翌日からフル稼働しています。

f:id:eitango:20160427085019j:plain

日本のドトールで、昔から好きなミラノサンドイッチとロイヤルミルクティーでぼーっとしていたのが嘘みたいです。

娘の学校に今回の一時帰国の届け出をした際、2週間以上学校を休む場合は一旦退学、または校長判断で規定の課題を提出すれば在籍のままにしてもらえる、と予想外に厳しいルールを知らされたので、トロントに戻った翌日から子供達は学校へ行きました。前日の夕方に家に着いたばかりで時差ぼけがあるとわかっていましたが、気持ち的に1日でも休む日を少なくしたかったからです。

息子の学校からは特に何も言われなかったのですが(おそらく小学校だから?)、片方だけ休ませるのも不公平なので息子も頑張って行きました。

私も翌週から出勤なので、平日にしておかなければいけないことを一気に片付けました。大学へ行って全ての私物を片付け、周りの人に挨拶したり、歯医者の検診に行ったり、出勤初日に提出する人事関係の書類を仕上げたり。それから、掃除に洗濯、買い物など。

就職先はフレックスタイム制ですが、絶対に出勤していなけれないけないコア時間があるのかなどなど、勤務時間が何時から何時までかはっきり聞いていなかったので(送られた書類に書いてあったかもしれませんが)、とりあえず最初の1ヶ月は平日に時間は取れないと考えて用意しました。

大学は必ずしも毎日通っていたわけではないので(ほぼ毎日ではありましたが)、本当に久しぶりに毎日会社にきっちり通うんだなと思うと、前回から比べると子供も一人増えていることもあり、私大丈夫だろうかとやや心配です。

[調べた英単語]

flextime → 自由勤務時間制
working hours → 就労時間

にほんブログ村"のランキングに参加しています。下の"カナダ情報"をクリックしていただくと、ランキングの集計数が上がり励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ