読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トロントで出会った英単語を調べました。

2007年夫の転勤でカナダへ引っ越し。2015年トロント大学で2つ目の修士号取得。2016年アナログIC設計者で再就職。トロントの様子がわかり、英単語の勉強にもなるブログが目標です。

2014年9月以前のブログはこちらです。

トロント市主催の習い事教室"Toronto Fun"の取り消し方法です。

自分で書いておきながら忘れてしまい、自分のブログを検索して該当記事を見つけ、「あ、そうだった、そうだった。」と助かることが結構あります。ブログがちょっとした備忘録になってます。そんな中の一つが、トロント市主催の習い事教室"Toronto Fun"の取り消し方法です。

ameblo.jp

教室によっては競争率が激しいので、自分なりに十分検討して申し込むのですが、特に冬の習い事でキャンセルしなくてはいけない事態に発展すること多い気がします。それは、9月初めに翌年の1月から3月分の習い事(3月の春休み教室分も含まれます)まで申し込み開始になるので、実際新学年が始まってみると(カナダの学校は9月に進級です)、予想通りにいかないことに気付いてしまうのです。

今回も張り切って申し込んでいた冬の教室の一つを、取り消さないといけないような状況になってきました。ということで、この機会を使って、その取り消し(withdraw)の方法を、もう少し細かく書いてみます。

まず、下記のトロント市のよくある質問(FAQ)サイトに、詳細が書いています。

 www1.toronto.ca

基本的には、上記サイトにリンクのある”PF&R Transfer, Withdraw & Refund Request"の用紙に必要事項を記入し、その用紙内に記載されているメールアドレスにスキャナーで読み込んだファイルを送付すれば完了です。

用紙に詳しい説明がありますが、ここで私が書き留めておきたいと思ったのは3つ。

1、取り消しだけでなく変更なども、3回目のクラスが始まる前までであれば可能です(変更の場合は変更先に空きが必要ですが)。

2、手数料は10ドル/プログラム/人です。

3、手数料を引いた料金(参加してない日数分です)は、申し込み時に使用したクレジットカードまたは小切手に払い戻してもらうのか、次回以降で使えるようにトロントファンの自分のアカウントに一旦戻してもらうかを選べます。

一旦申し込んだものは、1回目の教室が始まる前ならいつ取り消しても返金される額は同じなので、金銭的には焦る必要はありません。が、キャンセル待ちしている人もいるだろうと思うので、念のためあと数日考えて、やはり無理そうだと思ったら取り消そうと思っています。

[調べた英単語]
withdraw → 取り消す
refund → 払戻す

にほんブログ村"のランキングに参加しています。下の"カナダ情報"をクリックしていただくと、ランキングの集計数が上がり励みになります。よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ